読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

高2の終わりまで全身しまむらだった僕が洋服好きになったきっかけ

ファッション
スポンサーリンク

僕は今でこそ洋服が好きですが、高校2年生の終わり頃までは全身しまむらでした。

 

しまむらがダサいと言ってる訳ではありませんが、当時の僕は洋服には全く興味がなく、お母さんに「あんた、そろそろ新しい服でも買ってくれば」とお金を貰った時だけ必要最低限の服を買う様な人でした。

 

そんな僕が何で、洋服好きになったのか。

 

 

僕が洋服を好きになったきっかけ

f:id:kota04:20151006160837j:plain

高校生と言えば、遊びの行動範囲も広がるし、お洒落にもこだわりたいお年頃。

 

教室で、「この前〇〇で服買ってさ~」とか、「渋谷で買い物してきたんだ!」なんて会話が飛び交う中、当時の僕は洋服には一切無関心でした。

 

洋服には無関心だったものの、音楽は誰よりも好きだった僕は、休日には自転車に乗ってCDショップあるいはブックオフをハシゴ。

 

その当時でもCDは300~400枚位持っていて、音楽大好き度は誰にも負けない自信がありました。

 

特にヴィジュアル系バンドが好きだった僕は、音楽性だけでなくその見た目にも惹かれていく様になりました。

 

「さすがにあんな格好が許されるのはステージ上だけだろ…」

 

そう思いながらも、衣装が変わる度に雰囲気もガラッと変わる、服の力に魅力を感じてお洒落してみたいと思う様になりました。

 

僕の服装のルーツ

という訳で僕の服装のルーツは音楽、好きなバンドにあります。

 

ルーツとは言っても、僕は好きなバンドの音楽性も服装もかなりバラバラで、良いんだか悪いんだか分かりませんが、とにかく色々な格好をします。

 

シド

中学生の頃からずっと好きなシド。

 

お洒落だなぁ…とは思っていましたが、格好を真似できる様になったのは高校生になってバイトを始めて、自分でお金を稼げる様になった頃からでした。

 

黒夢

清春は人としても、服装も本当に格好良い…。

ステージ衣装もですが、私服でもセンスの良さは有名ですよね。

 

僕は清春の私服が大好きで、今でも一番好きなブランド、iroquoisに出会ったきっかけは清春が私服で着ていたからでした。

 

ちなみにシドのVo.マオも学生時代から清春の大ファン。

 

iroquoisのスタッフさんとお話をしていたら、この前の展示会には清春もマオも来て、2人の接客をされたんだとか。

 

「どうして洋服が好きなの?」と聞かれることが多いので、僕が洋服を好きになったきっかけを記事にしてみました。

 

好きになるきっかけは人それぞれだと思いますが、僕の場合は好きなバンドの影響が大きかったです。

 

洋服は結構お金の掛かる趣味ですが、一度こだわり始めると、どんどん楽しくなっちゃいます!