何をすればいいかわからない時こそ、手を止めちゃいけないと思った

「ああ、どうしようかな。どうやって生きていこう」

ぼくには生き方に迷って、どこから何をすればいいのか迷う時があります。

そういうときは決まって手が止まってしまう。ブログも更新しなくなる。

 

けれど最近思ったのは、そういう時こそ立ち止まっちゃいけないんじゃないかということです。

 

スポンサーリンク

どこかに「今のままじゃダメだ」と思っている自分がいる

毎日をのんびり過ごすことができて幸せっちゃ幸せなんだけれど、それもどこか退屈です。

というよりも、どこかに「こんな生活も長くは続かないんじゃないか」と思っている自分がいます。

 

ブロガーなんて珍しい職業だし、収入だって俗に言う安定からは程遠い。

どんな仕事にも安定なんてないとは思いつつも、やっぱり不安はまだなくなっていません。

 

ブログ以外にも好きなことを見つけて、それらでもお金を稼ぎながら複数の収入源を作って生きたいと思っている。

今のぼくに肩書きをつけるなら”ブロガー”だけれど、そうして決まった肩書きに縛られながら生きるのは本望ではありません。

だから、のんびりしながらも「今のままじゃダメだ」と思っているぼくもいる。

 

周りを見ていると、自分にとって大切なことが見えなくなる

今のままじゃダメだから、もっと前へ進んでいかなくちゃ。

そう思って自分よりも上手くいっている人たちを参考にしようと目を向けると、そっちばかりが羨ましくなってしまいます。

 

「あの人はいいな。こういう力があって本当にすごい」

「この人もあの道で上手くいっているし、羨ましい」

 

参考にしよう。参考にしよう・・・そう思っているうちに、そっちの方向にばかり傾いてしまって。

でも、それはきっと自分には真似できないことだし、望んでいるのもそれじゃない。

 

「あれ?自分が本当に目指している方向とか、大切にしていること、やりたいことって何だっけ?」

 

スポンサーリンク

何をすればいいかわからないからこそ、手を止めちゃいけないと思った

そういうときは完全に思考が停止することもあったり、はたまた思考の堂々巡りを繰り返す日々が続いたりもします。

ちょっと抜け出せたかな?ってくらいのところでブログを書いてみたりする。

”ブロガー”になってからはそんな日々の繰り返しを生きてきました。

 

それを何度か繰り返すうちに感じたこと。

「この繰り返し、本当にキリがないよな?」

 

何をすればいいのかわからないけれど、だからこそ手を止めちゃいけない。

そう思うようになりました。どうやって進んでいくべきかを、とりあえず暗中模索し続ける。

 

自分の掲げた本当に大切な目的と、自分の強みを知って自分なりの戦い方を探すこと。

誰かを参考にしながら同じ道を進もうとするって、無駄なことだと思い知りました。

 

正直、ぼくは自分が何者になりたいのか、今はわかりません。

だからこそ、先が見えなくても手だけは動かし続けていくことにしよう。

少なくとも手を動かさないことには、そこから一歩も進めないって気付いたから。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

大学を卒業後、就職せずにブログの収入で生計を立てている22歳。「ブログを始めよう」と決意するも、パソコンを持っていない状況からスタートして今に至ります。三度の飯より服が好きなファッションブロガー。最近はデュエルマスターズにドハマり中。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。