読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

Ray-Banのクラブマスターでサングラスデビューしてみた

ファッション おすすめアイテム
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160525180833j:plain

こんにちは、いわたです。

皆さんは夏にサングラスを使いますか?

 

ぼくは夏の強い日差しが苦手なので前々から欲しかったんです。

「けれど自分には似合わないかも…」そう言って買うのを諦めてきました。

今年もサングラスを買うか迷い始める時期に差し掛かったそのとき、運命的な出会いを果たして購入したのがこちら。

 

Ray-Ban(レイバン)のクラブマスター

f:id:kota04:20160525171405j:plain

それがこのRay-Ban(レイバン)のクラブマスターという型のサングラス。

言わずと知れた有名ブランド、Ray-Banの中でもトップクラスの人気を誇る型です。

 

ぼくは10,000円以内で買えるサングラスを探していたので、定価が25,000円するRay-Banを買う気は全くありませんでした。

しかし都内のブランド古着屋さんをぶらぶらしていると新古品で1万円のクラブマスターに遭遇。

サングラスをかけた自分の姿に違和感を覚えながらも、直感的にビビッときたので即購入を決めました。

 

クラブマスターってどんなサングラス?

f:id:kota04:20160525181459j:plain

引用:Ray-Ban公式サイト 日本

レイバンといえば「ウェイファーラー」が有名ですが、クラブマスターはその次に人気のあるサングラス。

1950年代を彷彿とさせる渋さと男らしさを兼ね備えたクラシックな見た目が特徴的。

単体で見ると男らしい服装にしか合わないように見えるかもしれませんが、カジュアルなコーデとの相性も抜群です。

 

初めてのサングラスに抵抗を感じつつもぼくが購入を決めたのは店員さんの

「3日で(サングラスをかけた自分の顔に)見慣れますよ」の一言。

確かに初めて帽子を買ったときも見慣れない自分の姿に違和感を感じていたけれど、3日もすれば慣れていました。

 

クラブマスターにも種類があります

ぼくは何も考えずにこれを衝動買いしましたが、実はクラブマスターの中にもいくつか種類があるんだとか。

 

クラブマスター「CLASSIC」

f:id:kota04:20160525174428j:plain

引用:Ray-Ban RB3016 W0365 51-21 クラブマスター・クラッシック CLUBMASTER CLASSIC | サングラス | Ray-Ban レイバン公式オンラインストア - 日本

ぼくが買ったのはこのクラブマスター「CLASSIC」でした。

その名の通り最もベーシックなデザインのモデルです。

 

クラブマスター「WOOD」

f:id:kota04:20160525171932j:plain

引用:Ray-Ban RB3016M 11824E 51-21 CLUBMASTER WOOD CLUBMASTER WOOD | サングラス | Ray-Ban レイバン公式オンラインストア - 日本

木目調のフレームが印象的なモデル。

CLASSICが持つゴリゴリの渋さを中和しているので、少し優しい雰囲気が好きな方はWOODを選ぶといいかも。

 

クラブマスター「FOLDING」

f:id:kota04:20160525172408j:plain

引用:Ray-Ban RB2176 901 51-21 クラブマスター・フォールディング CLUBMASTER FOLDING | サングラス | Ray-Ban レイバン公式オンラインストア - 日本

なんと折りたためるクラブマスターがこちらのFOLDING。

専用のケース、またはシャツのポケットに入れて持ち運べてしまいます。

リュックすら持ち歩きたくないミニマリストにおすすめ。

 

「サングラスは似合わない」と避けていませんか?

f:id:kota04:20160525181151j:plain

ぼく自身もそうでしたが、大体の人はサングラスが欲しくても「似合わないから」と避けてしまいます。

確かにサングラスは日差しの強い環境下で生活する欧米人に向けて作られたもの。

日本人は欧米人とは鼻の高さや眉毛と目の距離などがまるで違うので、欧米人よりも滑稽に見えるのは仕方がない。

 

けれど海外ブランドのRay-Banにしても定番モデルのサングラスをアジア人の顔に合わせて作っています。

日本のブランドは当然、日本人の顔に合わせてサングラスを作っているので挑戦しやすいはず。

サングラスをかけると違和感を覚えるのは似合わないからではなく、その姿をした自分に見慣れていないだけ。

地球温暖化もあり、年々強くなっていく日差しに裸眼で対抗するのは目によくないかもしれませんよ。

 

偽物の多いRay-Banは正規取り扱い店で買おう

f:id:kota04:20160525183852j:plain

ぼくは某ブランド古着屋にてバイヤーとして働いていたのですが、Ray-Banのサングラスにはとにかく偽物が多い。

ヘタにそこらの通販サイトで買うと自分でも気が付かない内に偽物を手に入れてしまう可能性だってあります。

ネット通販でRay-Banのサングラスを買うなら【GLASS MANIA】のような正規取り扱い店がおすすめ。

日本最大級のネガネ通販サイトとして名が知れているだけあって偽物が届く心配はまずありません。

近くにRay-Banのサングラスを売っているお店がなくて困っている方は利用してみてはいかがでしょうか。