読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

簿記2級合格のために勉強方法よりも気をつけるべきたった1つのこと

ライフハック
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160309180843j:plain

こんにちは、いわたです。

僕は大学で経営学科に在籍しているだけあって、簿記の授業は必修でした。

去年の今頃は日商簿記2級の試験に向けて勉強漬けの毎日。

たくさんの先生方から「いわた君は絶対に受かるよ」と言って頂き自信満々の僕でしたが、結果からお話すると見事に落ちてしまいました。

この経験から僕がこれから簿記2級の試験を受ける方へ向けてアドバイスをするとしたら、お伝えしておきたいことはたったひとつだけです。

勉強方法よりも、常に回答を見直すクセをつけてください。

 

勉強方法にコツなんてない

僕は大学で簿記2級の資格取得に特化した授業を履修していました。

具体的に内容の理解を深めながら勉強をするのとはまた違い、「資格試験ではここを問われる」といった部分に特にフォーカスした授業でした。

そのため先生も内容を教えてくれますが、理解を深めるためには自分で自習時間を確保することが重要でした。

僕は過去に簿記3級の資格も取っていたのですが、そのときから感じていたことは、簿記の勉強方法にはコツなんてないということです。

過去問を分析して傾向を掴み、「次回の試験にはこんな問題が出そう」とおおざっぱに把握することはできても、普段から効率良く勉強する方法なんてないと僕は思っています。

 

テキスト選びが重要になってくる

ネットで調べると「簿記2級に1ヶ月で合格する方法」なんて記事がたくさんヒットしますが、そんな方法が実在することに安心して「いざとなれば1ヶ月努力すれば余裕でしょ」なんて思ってはいけません。

そんな効率良く知識を身に付けることができる人なんてほんの一部です。

 

それじゃあどうやって勉強すればいいのか?と聞かれたら答えは正面からぶつかっていくことに限ります。

勉強方法にコツなんて存在しないのだから、そうなったら正面からぶつかってひたすら理解を深め、最終的には問題を見た瞬間には反射的に電卓を叩き始めるレベルにまで持っていくだけです。

難しく聞こえるかもしれませんが、テキスト選びにだけ気をつければ誰だってできます。

簿記のテキストは本当にたくさん存在しますが、その中でも本当に良質でわかりやすいテキストを選ぶことが大切になってきます。

僕は「とおる簿記シリーズ」のテキストと問題集、過去問を使って勉強しました。

余計にごちゃごちゃしておらず、内容だけをシンプルに頭に入れて理解することができるのでおすすめ。

テキストでインプットして問題集でアウトプットする形式になっています。

商業簿記のテキスト+問題集のセットと工業簿記のテキスト+問題集のセット、更に過去問の計5冊があればこれ以外は何も必要ありません。

ここには商業簿記と工業簿記のテキスト、過去問のリンクだけ貼っておきますが、問題集も同じくAmazonで買えるので要チェックです。

簿記の試験内容は割と頻繁に変わるので、それに合わせた最新の内容が載っている新品のテキストや問題集を買うことをおすすめします。

僕が簿記2級の試験に落ちた原因

ここまで偉そうに語ってきましたが、最初にもお話した通り僕は簿記2級の試験に落ちています。

自信満々で受けた結果、自己採点の点数を低く見積もっても80点だったのに何で落ちたのか?

試験中に問題用紙にメモしていた計算過程を参考に振り返ってみると衝撃の事実が発覚しました。

なんと最後の問題において、3問連続で0をひとつ書き忘れていた(ケタがひとつ少なかった)んです。

この問題は1問につき4点の配点だったので、それを落とした僕の合計点数は68点。2点足らずで不合格という結果でした。

 

常に回答を見直すクセをつけよう

これはどんな試験を受けるときにも共通して言われていることですが、ケアレスミスは命取りです。

特に簿記試験では解答用紙に文字を書くことはほとんどなく、数字の羅列です。

そうなると特にケタが間違っている等の細かいミスには気がつきにくいんですよね。

普段からケタを「,(カンマ)」で区切るクセをつけることが非常に大切になってきます。

僕も普段からそうしていたのになぜ気がつかなかったのかは未だに不明ですが、恐らく緊張して変なところで区切ってしまったんだと思います。

 

まとめ

よく、簿記には向き不向きがあるなんて言いますが、僕は努力さえすれば誰でも受かる資格試験のひとつだと思っています(説得力に欠けますが)。

重要なのは良質でわかりやすいテキストを選ぶことはもちろん、普段から常に回答を見直すクセをつけておくことです。

やった分だけ成果が返ってくる、非常にシビアですがやりがいのある資格試験です。

ケアレスミスで落ちると本当に悔しくて、しばらく喋るのが嫌になるくらいです。

これから簿記試験を受ける方には僕と同じ思いをして欲しくないので、どうか常に回答を見直すクセをつけることだけは忘れずに勉強を頑張ってください。応援しています。

 

就活へ向けて資格勉強に明け暮れているあなたへ

この記事を読んでいる方の中には、これから始まる就活を少しでも有利にするため簿記の資格を取ろうとしている方もいると思います。

正直なところ、ぼくは就活を経験した身として資格があるのとないのでは、当然ですがあるに越したことはないと感じました。

それで他の人と大きな差が開くワケではありませんが、あくまでも履歴書に所有資格を書けると少しだけ優位に立てるということですね。

 

そのため資格を取るため、日々部屋の机に向かうのもいいでしょう。

でも、それよりもぼくがおすすめしたいのは、机と睨めっこするよりも、実際に足を動かして就活や会社の雰囲気を早めに知っておくことです。

 

つまり第一志望の会社を受ける前に少しずつ他の会社に接触して万全の体制を整えておくのがベストということ。

就活が本格的に解禁となる3~6月以前に社会人の方とお話をする機会を設けておきましょう。

 

そのためにぼくがおすすめしたい、とっておきのツールがニクリーチです。

一風変わった名前の就活サイトですが、これは企業の社員さんと学生がよりフランクな雰囲気で会話できるように作られているんです。

ニクリーチを使えばその名の通り、なんと企業の社員さんと焼肉ランチを食べながら就活トークをすることができちゃいます。

焼肉のフランクなシチュエーションなら、スーツ姿で挑む本番の面接に比べても緊張が和らぐので、普段なら聞きにくいことだって聞けちゃう。

実際にぼくも去年はこれを使って就活していました。

渋谷駅から徒歩5分くらいのところにある高そうな焼肉屋さんで美味しいお肉をご馳走してもらいながら就活トークをしてきましたよ。

美味しいお肉も、企業からの内定も手に入れたい学生の方は是非会員登録して、ニクリーチを使ってみてくださいね。