読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

古着屋店員によるアドバイス!古着を買う時に見るべき所と注意事項

ファッション
スポンサーリンク

ここ数日、前振りは運転免許の話題で持ち切りで皆さん飽き飽きしていると思います。

が、今日も運転免許の話です。

 

明日は卒検(2回目)。それに備えて今日は補講を受けてきたのですが、明日受かるか心配です。

なのでこの記事を書き終わったら今日の反省点を集中して復習するために、前々から気になっていた集中リゲインを買ってきました。

 

果たして効き目はあるのか。せっかくなので集中リゲインを飲んでみてのレビュー記事も近い内に書こうと思います。

 

さて、それでは本題に入っていきましょう。今日は古着についての話です。

 

 

古着を買ってきました

見出しの通り、古着を買ってきました。今さっき。

f:id:kota04:20150927134527j:plain

 買ったのはoldのDior。品質表記タグは切り取られていたので素材は不明ですが、恐らくポリエステルで作られたベロア生地。薄手で、ちょっといいメガネ拭きみたいな感じ。

 

実は僕、洋服リユース業大手の古着屋で働いています。

当然持ち込まれた服の査定も行いますが、その見積もり金額は服の使用感やダメージによって大きく変化するので、その辺りに関してはかなり厳しく見ています。

 

そこで、今回は古着屋で働き、査定も行う僕が古着を買う時に見ている所と注意事項について書いていきます!

 

どの程度の使用感があるか

まずはその服にどの程度の使用感があるかを見ます。例えば今回買ったベロア生地やスウェード、フリース等、起毛している生地でいえば毛は寝ていないか、全体的にクタっていないか。

 

コットンであれば毛玉はないかなど、商品全体を見てまだ着れそうかを判断します。

f:id:kota04:20150927134605j:plain

このシャツはこうやって見ると生地が薄くなってきているので、着古されていることがわかります。

 

汚れの有無

続いては汚れの有無を確認します。

ここで僕が注意しているのは次の2つの場所です。

 

首元をチェック

f:id:kota04:20150927134636j:plain

 首元、主に襟の内側です。

この辺りは着ている間、服が肌にずっと触れているので黄ばみや黒ずみ等の汚れが目立ちやすいです。それらがあるかをよく確認します。

 

脇の下をチェック

f:id:kota04:20150927134721j:plain

袖部分を持って、脇の下を見てみます。

脇の下部分には袖との縫い目があるので、黄ばみ等の汚れだけでなくほつれた縫い目による穴がある可能性も。

 

ダメージの有無

まだまだ見る所はあります。次はダメージの有無を確認します。

ここで僕が特に注意をしているのは次の2つについて。

 

穴は空いていないかをチェック

先ほどは脇の下の穴を確認しましたが、これ以外にも穴が空いている可能性は大いにあります。今回はシャツですが、ニットを買うなら穴空きの有無確認は特に念入りに。

f:id:kota04:20150927134746j:plain

 これは小さいですが虫食いによる穴。Diorのシャツは良い生地を使っているから、さぞかし美味しかったであろう…。

 

f:id:kota04:20150927134816j:plain

 意外と見落としがちなのがポケットの縫い付け部分。ポケットの重みで生地に穴が空いてしまっているなんてこともあります。

このシャツの場合、フラップで穴が隠れていたのでよく見ないと気付きません。

 

ボタンは弱っていないかをチェック

たとえ弱っていたとしても、シャツなら自分で簡単に取り付けることができますが、これがアウターだったら面倒臭い。僕は買うのを避けてしまいます。

f:id:kota04:20150927134846j:plain

糸だれにも要注意。このシャツは前の持ち主が全部のボタンを補修してたっぽい。

 

最後に

f:id:kota04:20150927134918j:plain

古着を買う時には注意することがたくさんあるので新品ほど気軽には買えませんが、新品と違ってそれぞれが1点モノなので、人と被るのが嫌な人にはおすすめです。

 

更に新品にはない、独特の雰囲気も古着ならではのもの。

 

色々と見るべき所や注意事項を挙げてきましたが、汚れやダメージの許容範囲は人によって違うので、自分が着たいと思えるなら買っちゃうのもありです。

 

ちなみに僕は新品も着れば古着も着る人なので、古着大好きな人と比べれば許容範囲は狭めです。

 

今回買ったシャツには所々ダメージがあったので着るかどうかは別としても、この記事を書くにあたってかなり役立ってくれました。

 

お陰でより具体的な説明をすることができました。

ありがとう!メガネ拭きみたいなシャツ。